SC-XP、XA Q&A



● 録画装置の対応カメラ

Xシリーズの録画装置に登録できるカメラの台数は、録画装置の種類によって異なります。
以下の表を参考にしてください。

Xシリーズ録画装置チャンネル設定一覧

最大4台まで接続可能なAHD録画装置(SC-XA42)の場合は、AHDカメラとIPカメラの同時併用(同時監視)はできません。
必ずどちらかのモデルのみの監視となります。(※例 AHDカメラのみの監視、またはIPカメラのみの監視が可能)

最大8台(SC-XA82)または最大16台(SC-XA62)まで接続可能な録画装置の場合は、AHDカメラとIPカメラの同時併用(同時監視)は可能です。


● 録画・再生に関して

録画時間の目安(HDD容量と録画日数)

1TB : 約46.2日
2TB : 約92.5日
3TB : 約 139日
4TB : 約 185日
6TB : 約 277日
8TB : 約 370日

※計算方法
・カメラの台数 :1台
・ビットレート :約2000
・フレームレート:30
・画質   :フルハイビジョン

※お好みに合わせビットレートを変更いただきますと、HDDへの保存時間をより長くすることも可能です。
※カメラの台数が増える場合は、上記の表からカメラの台数分、数字を割っていただきますとおおよその日数を
計算することができます。


● カメラ本体・付属品類に関して

LANケーブルはスタンダードタイプ、カテゴリ5e以上のものを推奨しております。

弊社ではカテゴリ5eのLANケーブル20mのみ販売しております。

20m以上の距離でご使用していただく場合、カテゴリ6のLANケーブルをご使用いただくか、
標準規格IEEE802.3af/atのPoEスイッチングハブを20m毎に挟んでご利用していただくと
電力がより安定して供給されます。

録画装置の内部や隙間、電子制御基板内は虫等の温床になることがあります。この場合は、
虫類が基板の中に入り込んだことによるショート(短絡)が起き、故障しました。

虫等が入り込むことによる故障は「使用上の不注意」となり、有償修理の対象となります。 

取扱説明書を確認の上、虫等の温床とならないよう対策を行ってください。

以下の場合による故障も「使用上の不注意」(※保証の対象外)となります。

・取扱説明書で禁止されている部分をご自身で分解した場合

・取扱説明書で注意喚起されている事項に従わなかった場合

・ペットによる故障 上記のような故障を防ぐためには

〇 取扱説明書に従って正しく使用しましょう。

〇 用途外の使用や、製品分解は絶対にしてはいけません。(※分解した場合は保証の対象外となります)

〇虫等の温床にならないよう、ゴキブリ等害虫退治商品を家電製品の周りに置くなど清潔にし、
定期的にメンテナンスを行いましょう。

〇 故障した場合は弊社サポートまでご連絡ください。


● アプリ・ソフトウェアに関して

録画装置本体の設定から変更を行います。

右クリックからメニューを開いていただき、その中にあるネットワークを選択します。

ネットワークのページ上部にありますDHCPという欄にチェックが入っているかどうかをご確認下さい。

入っていなければチェックを入れていただき、一度録画機を再起動して下さい。

その後スマートフォンアプリから再接続をお願い致します。

見たい録画をしたカメラのモニタリング画面を開いていただき、画面下部にある映写機
マークをタップして頂くと 録画再生が行われます。

指定の日時を確認したい場合、画面右上の日付をタップして頂くと日付を選択することが可能です。


● Wi-Fi設定に関して

SC-BoxシリーズはWi-Fiに対応しておりません。ご了承ください。


● カメラの映像・音声に関して

録画機をルーターに有線接続していただき、弊社IPカメラを有線又は無線接続していただくことで閲覧、
録画をしていただくことが可能です。

その場合、録画したデータは録画機HDDに保存できますので、IPカメラにSDカードは不要となります。

但し、クラウドカメラ(SC-CX82など)に関しましては録画装置に接続対応しておりませんのでご了承下さい。

137万画素と264万画素のPoEカメラでは音声の処理が異なっており、
264万画素のカメラはより 防犯カメラとしての機能を追求した仕様となっています。

具体的な違いとしましては下記のような内容です。

① 264万画素カメラは環境音をシャットアウトする機能があります。
エアコンの音などの環境音をシャットアウトし、人の声など必要な情報に絞って情 報を取得できるようになっています。

② 264万画素のカメラには音量をブーストする機能があります。
小さい音でも拾って聞くことができるよう、マイクで拾った音声に対して音量を ブーストする機能がございます。

137万画素のカメラには上記の処理はありませんので、処理を行っている分 音質に違いが発生します。 

この処理があることで、カメラ近くで集音した音声に関しましては137万画素よりも明瞭に聞こえます。

ただし、増幅している分 多少響くように聞こる場合があります。


● パスワードに関して

パスワードの初期化に関しましては、お客様の方ではできません。

大変お手数ではございますが、弊社サポートセンターまで一度お問い合わせくださいますようお願い申し上げます。

時間経過でアカウントがロックされてしまい、ログインできなくなり、
通常通りにログインを試みると、「整備中」と表示されます。

この状態になると、特定のパスワードを入れるまでは録画装置を使用出来なくなり、
ユーザー:admin の通常のパスワードでは解除することが出来ません。

ログイン時に以下のパスワードを入力する事で解除が可能です。

パスワード:123456

また、再発を防ぐためにはこの「整備機能」をオフにする必要があります。

具体的な手順は以下を参考にしてください。

① 画面を右クリック→[メニュー]→[管理ツール]→[バージョン]→[デバイス情報]の順にクリックで進みます。

② [整備機能]のチェック有無を確認します。チェックがあれば次の手順③に進みます。

※チェックが無い場合は本手順を終了します。

③ [整備機能]のチェックマークをクリックし、表示された画面で以下の情報を入力します。

パスワード:123456 整備周期:0日

④ パスワードと整備周期を入力し確定をクリックすると、再起動を求められます
ので[確定]をクリックして再起動します。

⑤ 問題無く再起動が完了すれば本手順は終了です。


● よく使用する機能に関して

録画装置本体の設定画面から行います。

右クリック > メニュー > ネットワーク > サーバー と開いていただき、メール通知の欄を
ダブルクリックして いただくと入力フォームが出てきます。

そちらに必要な情報をご入力ください。

尚登録できるメールアドレスは2つまでとなっております。