SC-NX・SC-831 Q&A



● オフラインに関して

まず無線ルーターが順調に稼動しているかどうかを確認してください。無線ルーターに問題がない場合は
一度モデムとルーターを再起動した上で、もう一度無線の設定を行ってみてください。

無線接続テストが成功したら、『保存』をクリックしていただき、一度画面が白くなり元の画面に戻ったのを確認
できましたら有線LANケーブルを抜いてください。

次にカメラの電源を一度抜いた後差し直し、カメラの再起動をしてください。再起動がかかるまで約2分ほど
お待ち頂いた後、パソコン用ソフト、アプリを起動すれば無線状態でも映像が映るようになります。

カメラを無線Wi-Fi環境で使用している場合、無線電波は距離、障害物、無線ルーターのスペック、スマホの電波の強さ等の諸要因に
影響されやすいです。一度カメラとルーター及びモデムを全部再起動(電源を抜く)してから、もう1回試してみてください。

カメラと無線ルーターの間にコンクリート、或いは金属製の壁等の障害物が無い事を確認し、それでも改善されない場合は、
ハイパワーの無線ルーターに変えてカメラに接続してください。

木造以外の建物で使用する場合は安定なネット環境を確保する為に、可能なら有線LAN接続でお使い頂く事をお勧め致します。

お客様のお使いになっているルーターのIPアドレスが変わってしまった可能性があります。IPアドレスを再度正しいものに
修正する必要があります。 まずお客様の表示されているIPアドレスをご確認ください。以下のIPアドレスですと画面はうまく
表示されません。

   192 . 168 . 1 . 128

   192 . 168 . 1 . 136

この場合、『カメラサーチ』画面に表示中のIPアドレスを1度クリックし、青く反転させます。下部にあるIP TYPE を
『Dynamic IP Address』に変更し、右下の『Modify』をクリックします。

これで、選択中のIPアドレスが戻ったかと思いますが、これで正しく画面が表示されるか確認してみて下さい。


● 録画・再生に関して

SDカードの容量が一杯になりましたら、自動的に古いデータから上書きされていきます。録画が停止する心配はありません。

また、SDカードにある、保存しておきたい録画データもパソコンにダウンロードする事ができます。

物体検出の異常録画ではなくなりますが、カメラが映っている映像を手動で簡単にパソコンに保存する事ができます。

(トップ画面の録画ボタンのON・OFFで録画できます) 短時間のみの録画となりますので、長時間の録画をご希望の
場合には、SDカードの録画設定をお願いします。

パソコンに常時録画を行う場合は録画の中断を避ける為に、パソコンのスリープと休止機能をOFFにしてください。

またパソコンに録画を保存する場合は、パソコンのHDD(ハードディスク)が一杯になっても上書きしませんので
一杯になる前に手動で不要なデータを削除してください。

現段階では、カメラから録画データをまとめてパソコンに入れることはできません。

カメラからSDカードを外して頂き、パソコンに直接SDカードを挿して頂きますと、一度にすべての録画データを
移動させることは出来ます。

【SC-NXシリーズ、CXシリーズ】

カメラボディ裏面にあるカバーを外していただきますと、microSDカードスロットが出てきます。
こちらからmicroSDカードの取り出しを行います。

【SC-831NH1・2】

SDカードの装着場所ですが、カメラ本体のレンズを回して外し、中の基板のネジを2か所外しますと、
SDカードの挿入口が見つかります。

詳しくはSDカード取付簡易手順書をご確認ください。

【SC-831NHB/W・2B/W】 カメラ本体裏側の六角のネジを付属の六角レンチで外していただき、
蓋を外します。基盤の中にSDカード挿入口があります。

パソコン用ソフト『SecuSTATION カメラサーチ』を起動いただきまして、
【システム設定】⇒【メンテナンス】⇒【再起動】をお試しください。

それでもSDカードが認識されない場合には、カメラの電源を一度抜き 再起動を行ってください。

トップ画面録画ボタンでの録画はパソコンの指定先に保存されます。

SDカードへの録画設定は「詳細設定」から行います。

録画停止の際にも再度録画ボタンを押して頂く必要がございます。

● カメラ本体に関して

SDカードの取り出し方はモデルごとに異なります。

【SC-831NH1/2】

ボディ本体をねじりますと2つに別れます。 その中に基盤があり、
基盤の側面にSDカードのスロットがあります。

【SC-831NHB/W】

ボディ本体後方3点が六角のネジで固定されておりますので付属のレンチで外して
いただくと2つに別れます。 その中に基盤があり、基盤の側面にSDカードのスロットがあります。

【SC-NX81/82】

本体下腹部にあるネジ留めされたカバーを外していただくと
リセットボタンとSDカードのスロットがあります。

SC-831NH1A/1、SC-831NH2A/2のmicroSDカード設置の際に、カメラ本体の蓋を
開けようとしても、 うまく開けられない場合は、以下の点をご確認ください。

1、カメラ本体の蓋を開けるには、バーコードのすぐ下から蓋を回して開けます。

2、本体蓋のねじる場所を間違えますと、うまく開けることが出来ません。

弊社カメラはIP66相当の防水仕様となっておりますが、こちらは湿気の侵入を完全に防ぐものではございません。

申し訳ありませんが、上記の症状が出た場合には以下の手順に従って内部の湿気を取り除いてください。

1. カメラ本体の上蓋を緩めて隙間を開ける。

2. 一晩程度、カメラの電源を入れた状態で室内に置いておく。

3. 十分にカメラ内部の湿気を逃がしたら、“電源を切らずに”カメラ本体の上蓋をしっかり締めていただく。

このカメラの出力は5W~10Wです。

夜間に赤外線LEDが起動する間だけ最大の10Wになりますが、

基本的に平均消耗電力はおよそ40Wの電球の1/8位しかありません。

カメラの温度ですが、室外や風通しの良い室内環境でも熱を感じたりする事がありますが、
心配は要りません。もし風通しの悪い室内やカメラが何らかの物で包まれた状態で使用している場合、
手で触れないくらい高温になる恐れがあります。

従って、必ず風通しの良い環境で使用して頂く様お願い致します。 もし、風通しの良い環境で使っても
カメラ本体が非常に(手で触れないくらい)高熱になる場合は、危険ですので誠にお手数をおかけますが、
直ちに使用を停止して、当店に連絡した上で送り返してください。

修理させて頂いてから返送させて頂きます。

パソコンとSC-NXシリーズ、もしくはSC-831NHシリーズを直接接続することで、ルーターがなくてもカメラの設定は可能です。

詳しい方法は以下をご覧ください。

Step1. カメラとパソコンを接続する

図のように直接カメラとパソコンをLANケーブルで繋いでください。

Step2. パソコンを設定する

1, キーボードのWindowsキーとRキーを同時に押す。(下図の赤丸がしてあるキー) ​

2, 出てきたファイル名を指定して実行の画面に『ncpa.cpl』と入力して実行する。 ​

3, 出てきた画面のローカルエリア接続を開く。(下図の赤丸がしてあるアイコン) ​

4, 出てきた画面のプロパティをクリックする。(下図の赤丸がしてあるボタン) ​

5, 出てきた画面のインターネットプロトコルバージョン4という部分をダブルクリックする。(下図の赤丸がしてある部分) ​

6, 出てきた画面を以下の手順で操作する。

① 次のIPアドレスを使うという部分をクリックする。(下図①の部分)

② IPアドレスの部分に『192.168.1.xx』と入力する。(下図②の部分)

※xxは88以外の整数を入れる。

③ IPアドレスの下のサブネットマスクの入力部分をクリックする。(数字は自動で入る)

④ OKをクリックする。 ​

7, ローカル エリア接続のプロパティの画面でOKをクリックする。 ​

以上でパソコンの設定は終了です。

Step3. カメラの設定をする

1. SecuSTATION カメラサーチを起動して、『Search』または、『検索』ボタンをクリック。

2. 検索結果に『192.168.1.88』(固定)が表示されるのでダブルクリック。

3. 説明書の『パソコンでカメラの映像を見る(IE)』を参考に設定する。

以上がインターネット環境のない場所で、PCから設定を行う方法です。

Step 4. パソコンをもとの設定に戻す

※上記の設定を行いますと、カメラの設定は可能ですが、通常にインターネットをすることができなくなります。

これまで通りインターネットをしていただく際には、上記の設定をもとに戻していただく必要があります。

1. ステップ2の6にある、「次のIPアドレスを使う」から、「IPアドレスを自動的に取得する」へ変更する。

2. ローカル エリア接続のプロパティの画面でOKをクリックする。 ​

上記の方法で、通常のインターネットができるパソコンへもどります。

カメラの機種によっては、本体に『ワイヤレスモジュール SC-R7601』というシールが貼ってあります。

この番号は型番ではなく、Wi-Fiのワイヤレスモジュールの番号になります。

その為、カメラの機種ではありません。

弊社サポートへ お問い合わせいただきましても、カメラに関してご説明はできません。

カメラの機種や型番に関しましては、カメラ本体の箱等をご確認ください。


● アプリ・ソフトウェアに関して

カメラは取扱説明書の通りにきちんと接続はできていますでしょうか?
まずは接続いただいておりますカメラの状況をご確認ください。

接続状態をご確認いただきましたら、カメラの通電状況をご確認ください。

LANケーブルの接続口のLANポートに点灯はありますでしょうか?

カメラが正常に通電していないとカメラが検索されず、登録できません。

この点に関しましてご確認いただけたらと思います。

まずはカメラの接続環境とカメラの通電状態をご確認ください。

接続環境と通電状態が問題ないようでしたら、ご使用いただいております
パソコンのセキュリティソフトの 状態をご確認ください。

セキュリティソフト(Windowsファイヤーウォールを含む)の設定によっては、
IPアドレスが 正常に検索されない場合があります。

場合によっては、セキュリティソフトを一時的にストップいただきまして
IPアドレス検索されるか ご確認いただければと思います。

ダウンロードプレイヤーのインストールをお済でしょうか?

ダウンロードプレイヤーが正常にインストールされておりませんと、
カメラの映像は映りません。

ダウンロードプレイヤーのダウンロードはこちら

1.IPCSearchかSecuSTATION カメラサーチを開きます。

2.一覧表に表示されたIPアドレスをダブルクリックします。

3.ログイン画面が表示された場合は、adminと入力してログインします。

4.システム設定の項目を開きます。

5.時刻設定の項目を開きます。

6.自動NTP同期のチェックを外します。

7.ONVIF自動同期のチェックを外します。

8.保存ボタンを押します。

上記設定を行った場合でも同期済みの時刻は保存されないため、カメラの
電源を抜き差しした際に、初期値の1月1日午前0時に戻ってしまいます。

正しい時刻を表示し続けるためには、上記設定後に通電し続ける必要が
あるため、上記設定は、カメラ設置場所で行うことをおすすめします。

PCの「SecuOnline」を右クリックをして、「管理者として実行」で起動してソフトを起動します。

次に、通常通りカメラを登録してください。これで登録したカメラは消えなくなります。

一度画面を縦方向でロックしていただくと、正常に表示されるようになります。

iPhoneの画面を縦方向でロックするには、画面下部から上にスワイプして
コントロールセンターを表示し、 画面ロックボタンをタップしてロック機能をオンにします。

現在、Androidアプリ「SecuSTATION V1.6」から体験カメラの追加登録ができない状況となっております。

以下の方法から体験カメラの追加設定をお願いします。

1. Androidアプリ「SecuSTATION V1.6」から体験カメラの追加登録をする。

Androidアプリ「SecuSTATION V1.6」のダウンロードはこちら

2. iPhoneやiPadなどのiOSアプリ「SecuSTATION V1.6」から体験カメラの追加登録をする。


● Wi-Fi設定に関して

①、カメラにアンテナが正しく取り付けられていますか。

②、お使いになるWi-Fiルーターは2.4GHz帯の電波対応のものですか。

③、無線Wi-Fi設定はお済みですか。 カメラとルーター間を無線WiFiにするには、
設定が必要です。 パソコン用設定管理ソフト『カメラサーチ』(IE)から設定してください。

④、無線ルーターは正常に稼働していますか。 無線ルーターに問題がない場合は、
一度モデムとルーターを再起動して、再度無線WiFi設定を行ってください。

⑤、ルーターの種類によって、同時接続台数の制限があります。特にネットワークカメラを
数台 お使いになる場合は、ルーターの同時接続台数をご確認ください。

⑥、SecuSTATION Local内のWi-Fi設定時のレベルが80%以下になっていませんか?
80%以下になりますと安定した通信ができません。

その場合、ルーターの再起動もしくはルーターに付属しているアンテナをカメラに
向ける等行うと改善する ことがあります。

もしくは再度ルーターと有線で接続していただき、その後再設定して頂くと改善することがあります。

パソコンとSC-NXシリーズ、もしくはSC-831NHシリーズを直接接続することで、ルーターがなくてもカメラの設定は可能です。

詳しい方法は以下をご覧ください。

Step1. カメラとパソコンを接続する

図のように直接カメラとパソコンをLANケーブルで繋いでください。

Step2. パソコンを設定する

1, キーボードのWindowsキーとRキーを同時に押す。(下図の赤丸がしてあるキー) ​

2, 出てきたファイル名を指定して実行の画面に『ncpa.cpl』と入力して実行する。 ​

3, 出てきた画面のローカルエリア接続を開く。(下図の赤丸がしてあるアイコン) ​

4, 出てきた画面のプロパティをクリックする。(下図の赤丸がしてあるボタン) ​

5, 出てきた画面のインターネットプロトコルバージョン4という部分をダブルクリックする。(下図の赤丸がしてある部分) ​

6, 出てきた画面を以下の手順で操作する。

① 次のIPアドレスを使うという部分をクリックする。(下図①の部分)

② IPアドレスの部分に『192.168.1.xx』と入力する。(下図②の部分)

※xxは88以外の整数を入れる。

③ IPアドレスの下のサブネットマスクの入力部分をクリックする。(数字は自動で入る)

④ OKをクリックする。 ​

7, ローカル エリア接続のプロパティの画面でOKをクリックする。 ​

以上でパソコンの設定は終了です。

Step3. カメラの設定をする

1. SecuSTATION カメラサーチを起動して、『Search』または、『検索』ボタンをクリック。

2. 検索結果に『192.168.1.88』(固定)が表示されるのでダブルクリック。

3. 説明書の『パソコンでカメラの映像を見る(IE)』を参考に設定する。

以上がインターネット環境のない場所で、PCから設定を行う方法です。

Step 4. パソコンをもとの設定に戻す

※上記の設定を行いますと、カメラの設定は可能ですが、通常にインターネットをすることができなくなります。

これまで通りインターネットをしていただく際には、上記の設定をもとに戻していただく必要があります。

1. ステップ2の6にある、「次のIPアドレスを使う」から、「IPアドレスを自動的に取得する」へ変更する。

2. ローカル エリア接続のプロパティの画面でOKをクリックする。 ​

上記の方法で、通常のインターネットができるパソコンへもどります。

上記のQ&Aの内容をご確認いただきまして、それ以外の内容で接続できない場合は、
以下の点をご確認いただければと思います。

【モデム、ルーターの再起動】

・ご契約いただいておりますプロバイダから提供されたモデム、無線Wi-Fiルーターの電源を抜く。

・15秒ほどお待ちいただいた後、モデムの電源を入れ、続いてルーターの電源を入れる。

・インターネットが再接続されたのをご確認いただいてから、再度カメラの再設定を行う。

【モデム・ルーターのファームウェアを最新のものにする】

・お使いいただいておりますモデムやルーターのメーカーやサポートをご確認いただきまして、
モデムやルーターのファームウェアをご確認ください。

・もしファームウェアが古いものであれば、最新のものにファームウェアのアップデートをお願いします。

・アップデートの完了後、再度カメラとの通信をご確認ください。


● カメラの映像に関して

自宅以外等から、インターネット環境を利用して(リモートで)カメラの映像を確認する場合は
『SecuSTATION Online』(パソコン用P2P&IPアドレス検索ソフト)に手動でカメラを登録する必要があります。

① 『SecuSTATION Online』アイコンを右クリックして、「管理者として実行」で起動します。

② モニター右側白色部分にある「カメラの追加」をクリックし、カメラ情報を入力します。
「名前」:カメラに名前を付け(自由)登録してください。
「ID」:商品ラベルに記載されているカメラIDをご入力ください。
「User」:「admin」とご入力ください。
「Passward」:パスワードをご入力ください。(初期は「admin」) 入力が完了し、「OK」を押すと、カメラが登録されます。

③ 登録されたカメラをダブルクリックすると、モニターにカメラの映像が映されます。

④ 画面右下にある「カメラ情報エクスポート」をクリックし、登録したカメラの情報を保存します。
※保存名、保存先はどこでも構いません。

① 「フレームレート」を低く設定してみてください。(マニュアル 画像調整)

② 「解像度」を低く設定してみてください。(マニュアル 画像調整)
カメラをお出かけ先から接続している場合、カメラが原因ではなく、インターネット接続の
速度の遅さが原因である可能性があります。映像の更新が遅いと感じたときは、
より低い「フレームレート」、「解像度」に設定してください。無線で接続しているときは、
アンテナを調整してください。

受信状態が最も良くなるように、アンテナは地面に垂直になるように設置してください。
また無線アクセスポイントの受信範囲内で正しくお使いください。

③ カメラを再起動(電源ACアダプターのコンセントを抜き差し)してみてください。

水平反転、もしくは垂直反転にチェックは入っていないでしょうか?
入っておりますとカメラの画面が反転してしまいます。

もしくはカメラ自体が逆になっている可能性もございます。
傘もしくはLEDの位置が上部に来ているかどうかご確認ください。

カメラから出るLEDの光がカバーに反射して曇ったように見える場合があります。
また、視界内にある白い壁等に反応して白く反射する場合があります。
それらの場合、反射が起きないようカメラの角度を変えて頂く必要があります。

冬季の外気とカメラとの温度差で生じる結露の場合は、自然現象によるもの
のためご了承頂ますよう お願い致します。

カメラから出るLEDの光がカバーに反射して曇ったように見える場合があります。

改善方法は以下のマニュアルを参考にしてください。

マニュアルのダウンロードはこちら


● パスワードに関して

1.IPCSearchかSecuSTATION カメラサーチを開きます。

2.一覧表に表示されたIPアドレスをダブルクリックします。

3.ログイン画面が表示された場合は、adminと入力してログインします。

4.詳細設定からP2Pの項目に入ります。

5.パスワード欄のパスワードを変更します。

1.IPCSearchかSecuSTATION カメラサーチを開きます。

2.一覧表に表示されたIPアドレスをダブルクリックします。

3.ログイン画面が表示された場合は、adminと入力してログインします。

5.システム設定からユーザー管理の項目へ入ります。

6.パスワード欄の管理者パスワードを変更します。


● よく使用する機能に関して

1.IPCSearchかSecuSTATION カメラサーチを開きます。

2.一覧表に表示されたIPアドレスをダブルクリックします。

3.ログイン画面が表示された場合は、adminと入力してログインします。

4.詳細設定の項目を開きます。

5.基本設定の項目を開きます。

6.IP接続方式の項目を「手動IP」に切り替えます。

7.保存ボタンを押します 。

1.IPCSearchかSecuSTATION カメラサーチを開きます。

2.一覧表に表示されたIPアドレスをダブルクリックします。

3.ログイン画面が表示された場合は、adminと入力してログインします。

4.詳細設定の項目に入ります。

5.連続録画の項目に入ります。

6.画質選択で高画質を選択します。

7.ファイル時間で300S(5分)か600S(10分)を選びます。

※1件あたりの録画ファイルは、最大10分のファイルで生成されます
※ファイルが多くなると保存エラーの原因となりますので、5分以上が推奨です。

8.一時録画を無効にします。

9.連続録画を有効にします。

10.圧縮録画を無効にします。

11.スケジュール欄で時間帯を選択して丸を打ちます。

※時間帯別と平日・土日を選択した場合、設定ボタンを押して詳細な時間設定を行います。
※日付をまたぐ場合は、時間帯1へ0:0~9:0、時間帯2へ17:0~24:0など、午前0時で区切って入力します。
※入力が終わったら設定ボタンを押して項目を閉じます。

12.アラーム録画の項目では何もしません。

13.画面最下部にある保存ボタンを押します 。

1.IPCSearchかSecuSTATION カメラサーチを開きます。

2.一覧表に表示されたIPアドレスをダブルクリックします。

3.ログイン画面が表示された場合は、adminと入力してログインします。

4.詳細設定の項目を開きます。

5.動体検知の項目を開きます。

6.画面最上部の「有効」にチェックを入れます。

7.赤のマス目部分で検知したいエリアを市松模様になるように塗りつぶします。

8.感度を中に設定します。

※検知の頻度によって、感度調整を後から変更することも可能です。

9.間隔を10秒に設定します。

※間隔とは、最初の動体検知から次の動体検知までの待機時間となります。

※待機時間中は、動体検知が反応しません。

※待機時間は、動体検知の連続作動によるシステムへの負荷を軽減するために必要となります。

10.動体検知時にメールで通知を受け取る場合、メール送信欄にチェックを入れます。

※メール設定は、別途メール項目から必要となります。

11.静止画を残す場合は、「静止画を保存」にチェックを入れます。

12.前項目でのメール送信時に静止画を添付したい場合は、メール送信(静止画)にチェックを入れます。

13.FTPサーバーを運用しており、ログと静止画を送信したい場合は、FTPに送信にチェックを入れます。

※FTPサーバーについてよくわからない場合は、チェックを外してください。

14.「動画を録画」にチェックを入れます。

15.スケジュール欄で時間帯を選択して丸を打ちます。

※時間帯別と平日・土日を選択した場合、設定ボタンを押して詳細な時間設定を行います。

※日付をまたぐ場合は、時間帯1へ0:0~9:0、時間帯2へ17:0~24:0と、午前0時で区切って入力します。

※入力が終わったら設定ボタンを押して項目を閉じます。

16.画面最下部にある保存ボタンを押します。

1.カメラに電源ケーブルのみを差し込み通電させます。

2.カメラとWi-Fi通信をさせたいルーターにスマホをWi-Fi接続させます。

※スマホのWi-Fi接続については、スマホのWi-Fi設定手順に従って行ってください。

3.SecuSTATIONアプリを開きます。

4.「カメラを追加」を選択します。

5.「Smart Link 無線設定」を選択します。

6.「次へ」を選択します。

※QRコードスキャンかIDの入力を求められたら、カメラのQRコードかIDを入力します。

7.パスワード欄が表示されたらルーターのパスワードを入力します。

8.「次へ」か“進む”を示す矢印を押します。

9.設定が完了したらアプリ起動時の画面に戻り、映像が閲覧できるかどうかを確認します。

1.IPCSearchかSecuSTATION カメラサーチを開きます。

2.一覧表に表示されたIPアドレスをダブルクリックします。

3.ログイン画面が表示された場合は、adminと入力してログインします。

4.カメラ設定の項目に入ります。

5.音声設定の項目に入ります。

6.入力音量と出力音量を調整します。

※0・100や100・0または、50・50などバランス調整を行ってください。

7.高画質と標準画質はともに有効に丸を打ちます。

8.保存ボタンを押して保存します。

※コード化形式は、変更しないでください。
※入力タイプは、通常ですとLine Inになります

1.IPCSearchかSecuSTATION カメラサーチを開きます。

2.一覧表に表示されたIPアドレスをダブルクリックします。

3.ログイン画面が表示された場合は、adminと入力してログインします。

4.動画再生ボタンを押します。

5.カレンダー右下の回転矢印のボタンを押します。

6.日付をクリックします。 7.虫めがねマークを押します。

8.表示された一覧表でファイルを選んでダブルクリックします。

9.早送りボタンを押すと次の時間帯のファイル一覧が表示されます。

1.SecuSTATION SearchかSecu Searchを開きます。

2.一覧表に表示されたIPアドレスをダブルクリックします。

3.ログイン画面が表示された場合は、adminと入力してログインします。

4.システム設定からメンテナンスの項目に入ります

5.初期化の項目で開始ボタンを押します 

※初期化を行うとWi-Fi設定も初期化されます。
初期化後、有線接続頂きWi-Fi設定を再度行って頂きます様お願いいたします。

1.SecuSTATION SearchかSecu Searchを開きます

2.表示されているIPアドレスを1回クリックします

3.『カメラ情報』にある『IPタイプ』を「固定IP」から「自動IP」に切り替えてください。

4.「更新」をクリックしてください。

5.「設定が完了しました」と表示がされ、IPアドレスが変わります。

1.SecuSTATION SearchまたはSecu Searchを開きます。

2.一覧表に検索されたIPアドレスをダブルクリックします。

3.ログイン画面が表示された場合は、ユーザー、パスワード共に 『admin』と入力して頂きログインします。

4.【動画再生】の項目に入ります。

5.カレンダーの下の回転矢印のボタンをクリックします。

6.カレンダーにて保存したい日付をクリックします。

7.青い虫めがねのアイコンをクリックします。

8.『録画時間』にて検索された時間を選び一回クリックします。

9.右下の青い矢印のアイコンをクリックします。

10.Windowsメディアプレイヤーで映像が再生されますので、ウィンドウ枠を一度クリックします。

11.キーボードの『Altキー』を押します

12.「ファイル」を選択して「対象をファイルに保存」か「名前を付けて保存」を選択します。